猫の瞳孔の大きさが変わる理由

猫の瞳孔の大きさが変わる理由

 猫の目はころころとよく変わり可愛いですが、瞳孔には目に必要な光を取り込む働きがあります。暗いところでは多くの光を取り込むために瞳孔が開いて大きくなり、明るいところでは細くなります。

 また猫の目の変化は、そのときの気分や感情を表していると考えられています。
 ・満足しているとき…目を細める
 ・緊張しているとき…左右の目の大きさが異なる
 ・興奮しているとき…明るいところでも黒目が大きくなる
 ・眠いとき…目がたれて、瞬膜(眼球を保護する膜)が目を覆う
 ・集中して見ているとき…目を細めたり大きくしたりして、目の焦点を合わせる

 猫の動画を見る際に、瞳孔の大きさで猫が今どんな気分なのか分かるようになると楽しみが増えますね。

この動画の反応

・ 皆ルルが好きです💕

・ これはアライグマが猫になった話です。

・ 0:41ヨーダの赤ちゃん。

・ 2:07私のお気に入り.. ルルはただママが好きなだけ😭😂😂😂😂

・ ルルが小さなお尻を小刻みに動かしたり、足を動かしたりするのが大好きです。

 

かわいいカテゴリの最新記事